ホホホ座の反省文
5cfb50d5f897541c7cb8edf3 5cfb50d5f897541c7cb8edf3

ホホホ座の反省文

¥1,980 税込

送料についてはこちら

山下賢二、松本伸哉(著) 判型:四六判並製 頁数:208ページ 装丁:中林信晃・安本須美枝(TONE Inc./ホホホ座金沢) 発刊:2019年6月21日 ISBN:978-4-909394-22-4 C0095 ◎6月21日以降にお届けします 「ていねいな暮らし」「セレクトショップ」「夢を持とう!」 そういうものに疲れてしまったすべての人へ。 2015年4月、京都・左京区に「ホホホ座」浄土寺店が開店。 その後、全国に10店の「ホホホ座」が誕生。 それらは支店でも、フランチャイズでも、のれん分けでもない。 店名を共有しているだけで、全く別の店…。 その関係性の不思議さと店が「続く」謎を、二人の半生を通して探った、反省の書。 ●著者情報 山下賢二(やました・けんじ) 1972年、京都生まれ。2004年に「ガケ書房」を開店。2015年4月1日、「ガケ書房」を移転・改名し「ホホホ座」を開店。著書に『ガケ書房の頃』(夏葉社)、編著として『わたしがカフェをはじめた日。』(小学館)、絵本に『やましたくんはしゃべらない』(中田いくみ・絵、岩崎書店)などがある。 松本伸哉(まつもと・しんや) 1967年、京都生まれ。90年代後半よりレコード屋「MENSOUL RECORDS」を10年間経営。その後、映画のバイヤー、制作などをしつつ2011年、古本、雑貨の店「コトバヨネット」を開店、2015年よりホホホ座。ホホホ座2階、1階奥ギャラリー、浄土寺センターの店主。