観察する男 映画を一本撮るときに、監督が考えること
5cff4a5267b5f844b4ea954e 5cff4a5267b5f844b4ea954e

観察する男 映画を一本撮るときに、監督が考えること

¥1,980 税込

送料についてはこちら

想田和弘(著)ミシマ社(編) 判型:四六判並製 頁数:264ページ 装丁:尾原史和(SOUP DESIGN) 発刊:2016年1月22日 ISBN:978-4-903908-73-1 舞台は牛窓(岡山県)。 カメラを回せば、 グローバリズム、高齢化、震災の影響、第一次産業の苦境・・・ すべてが映りこんでいた。 観察映画『牡蠣工場』(2016年2月公開)をつくる監督を逆観察。 台本なしの映画づくりの幕が上がる! 映画を観るように読んでください----編集部より 内澤旬子、岸政彦、堀部篤史、各氏推薦!! ●著者情報 想田和弘(そうだ・かずひろ) 1970年栃木県足利市生まれ。東京大学文学部卒。スクール・オブ・ビジュアル・アーツ卒。93年からニューヨーク在住。映画作家。台本やナレーション、BGM等を排した、自ら「観察映画」と呼ぶドキュメンタリーの方法を提唱・実践。監督作品に『選挙』『精神』『Peace』『演劇1』『演劇2』『選挙2』があり、国際映画祭などでの受賞多数。著書に『なぜ僕はドキュメンタリーを撮るのか』(講談社現代新書)、『熱狂なきファシズム』(河出書房新社)、『カメラを持て、町へ出よう』(集英社インターナショナル)など。