未来への周遊券
5cff4a5467b5f844b4ea95c4 5cff4a5467b5f844b4ea95c4

未来への周遊券

¥1,650 税込

送料についてはこちら

最相葉月 / 瀬名秀明(著) 判型:46判上製 頁数:187ページ 装丁:クラフト・エヴィング商會 発刊:2010年2月22日 ISBN:978-4-903908-17-5 C0095 この切符の終着駅はどこだろう? 「瀬名さん、準備はよろしいですか?」 「最相さん、切符は手にしました」 こうして始まった、1年半にわたる往復書簡。 「未来を考えるということは、私たちひとりひとりが今と未来の間に「ひとつの装置」を見いだすことなのかもしれない。―― 瀬名」 「星新一もまた、暗闇と希望を知る人だったのだろう。……暗闇と希望をつなぐのは物語る力だろうか ―― 最相」 …手紙が行き交うたびに紡がれる、未来へ語り継ぐべき言葉の数々。 二人の「物語る力」が暗闇と希望をつないでいく。 未来を周遊するブックガイド付 ●著者情報 最相葉月(さいしょう・はづき ) 1963年、東京都生まれ。関西学院大学法学部卒業。科学技術と人間の関係性、スポーツ、教育などをテーマに執筆。 97年、『絶対音感』で小学館ノンフィクション大賞受賞。07年、『星新一 一〇〇一話をつくった人』で大佛次郎賞、講談社ノンフィクション賞、日本SF大賞、08年、同書で日本推理作家協会賞、星雲賞受賞。 他の著書に『青いバラ』『いのち 生命科学に言葉はあるか』『ビヨンド・エジソン』など多数ある。 瀬名秀明( せな・ひであき) 1968年、静岡県生まれ。東北大学大学院薬学研究科(博士課程)在学中の95年『パラサイト・イヴ』で日本ホラー小説大賞を受賞し、作家デビュー。 小説の著作に、第19回日本SF大賞受賞作『BRAIN VALLEY』、『八月の博物館』『デカルトの密室』などがある。 他の著書に『大空の夢と大地の旅』、『パンデミックとたたかう』(押谷仁との共著)、『インフルエンザ21世紀』(鈴木康夫監修)など多数ある。