ほんのちょっと当事者(予約時のみ送料無料)
other
5dc2640ce3900718f4e6d7ba

ほんのちょっと当事者(予約時のみ送料無料)

¥1,760 税込

送料についてはこちら

※ 2019年11月下旬 発送予定

青山ゆみこ(著) 定価:1600円(税別) 判型:四六判並製 頁数:248ページ 装丁:名久井直子 装画・題字・本文イラスト:細川貂々 発刊:2019年11月23日 ISBN:978-4-909394-29-3 ローン地獄、児童虐待、性暴力、障害者差別、看取り、親との葛藤… 「大文字の困りごと」を「自分事」として考えてみた。 「ここまで曝すか!」と連載時より大反響の明るい(?)社会派エッセイ わたしたちが「生きる」ということは、「なにかの当事者となる」ことなのではないだろうか。…みんなが隣にいる誰かへの想像力をもつようになれば、まわりまわって思いもかけない方向から、誰かがわたしの小さな困りごとを助けてくれる気がする。そういうのってなんだか素敵で、とてもふくよかな社会に思えるのだ。――「まえがき」より。 ●目次 まえがき 第1章 暗い夜道と銀行カードローンにご用心 第2章 「聞こえる」と「聞こえない」のあいだ 第3章 奪われた言葉 第4章 あなたの家族が経験したかもしれない性暴力について 第5章 父の介護と母の看取り。「終末期鎮静」という選択 第6章 哀しき「おねしょ」の思い込み 第7章 わたしは「変わる」ことができるのか 第8章 わたしのトホホな「働き方改革」 第9章 父のすててこ いささか長いあとがきのようなもの ●著者情報 青山ゆみこ(あおやま・ゆみこ) フリーランスのエディター/ライター。1971年神戸市生まれ。月刊誌副編集長などを経て独立。単行本の編集・構成、雑誌の対談やインタビューなどを中心に活動し、市井の人から、芸人や研究者、作家など幅広い層で1000人超の言葉に耳を傾けてきた。著書に、ホスピスの「食のケア」を取材した『人生最後のご馳走』(幻冬舎文庫)。