坊さん、ぼーっとする。 娘たち・仏典・先人と対話したり、しなかったり
new
5e30d7dac78a534e8d1b4a31 5e30d7dac78a534e8d1b4a31

坊さん、ぼーっとする。 娘たち・仏典・先人と対話したり、しなかったり

¥1,870 税込

送料についてはこちら

白川密成(著) 判型:四六判並製 頁数:240ページ 装丁:寄藤文平・古屋郁美(文平銀座) 発刊:2020年2月20日予定 ISBN:978-4-909394-33-0 ●内容 今、必要なのは、情報でも評価でも判断でもなく、 期待せずに、平気で待つ勇気。 『ボクは坊さん。』(2015年映画化)から10年―― 秘伝『理趣経』をひもときながら綴る、進化するポップな坊さんの現在地。 「人生ってなんだと思う」<? br> 小学校二年生の長女にたずねてみた。 「人生は思いだよ」 こともなげに娘は少し哲学的に響く言葉で即答した。 「ふーん、そうか。人生は思いか……」 しばらく沈黙の中で、思索しながら僕は言葉を失う。 そして娘は静かにそばに寄り添い、 「お父さんの体はあたたかいね」 と新しい言葉を発する。 ――本文より ●目次 はじめに Ⅰ 坊さんと、娘たち Ⅱ 坊さん、何もしない Ⅲ 坊さんは光る Ⅳ 坊さんにできること Ⅴ 坊さん、今を生きる おわりに ●著者プロフィール 白川密成(しらかわ・みっせい) 1977年愛媛県生まれ。栄福寺住職。高校を卒業後、高野山大学密教学科に入学。大学卒業後、地元の書店で社員として働くが、2001年、先代住職の遷化をうけて、24歳で四国八十八ヶ所霊場第五十七番札所、栄福寺の住職に就任する。同年、『ほぼ日刊イトイ新聞』において、「坊さん。――57番札所24歳住職7転8起の日々。」の連載を開始し2008年まで231回の文章を寄稿。2010年、『ボクは坊さん。』(ミシマ社)を出版。2015年10月映画化。他の著書に『坊さん、父になる。』(ミシマ社)、『空海さんに聞いてみよう。』(徳間文庫カレッジ)がある。