【サイン本】最初の晩餐
original
5e4a1814c78a535c79673b2c 5e4a1814c78a535c79673b2c 5e4a1814c78a535c79673b2c

【サイン本】最初の晩餐

¥1,980 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

常盤司郎(著) 価格:1,800円+税 判型:四六判並製 頁数:224ページ 装丁:鈴木千佳子 発刊:2020年3月20日 発行:ちいさいミシマ社 ISBN:978-4-909394-34-7 父の遺言は、目玉焼きでした。 2019年11月、染谷将太、戸田恵梨香、窪塚洋介、斉藤由貴、永瀬正敏らをキャストに迎えて公開され、高崎映画祭で最多受賞した構想7年の渾身の映画を、監督自らが小説化。 父の通夜に、久々に集まった家族と親戚。ぎこちない空気の中で、母は一風変わった「通夜ぶるまい」の料理を淡々と出していく。目玉焼き、焼き芋、ピザ…一品ごとに父との時間が蘇り、やがて家族が知らなかった「家族の秘密」が浮き彫りになっていく…。 再婚同士の家族が「家族になる瞬間」を描いた、「ちいさいミシマ社」初の小説。 ※著者サイン入りの書籍をお送りいたします。 ●推薦コメント 人生の中で、最も愛しい、最も切ない、そして最も大切なことが詰まった家族の物語。 ――女優・斉藤由貴 余白と余韻が心地いい「食と家族の映画」が小説になった。よくみるノベライズと違い、精巧に編まれた常盤の小説は、物語の奥行きをしっとりと深める。よく噛んで作品を味わうには、こんな方法もあるのだ。 ――ブックディレクター・幅允孝 ●著者プロフィール 常盤司郎(ときわ・しろう)
 福岡県生まれ。映画、CM、ミュージックビデオの監督・脚本をはじめ、サザンオールスターズ初のドキュメントムービーなど様々な分野で活躍。実の父との関係を綴った短編映画『クレイフィッシュ』(2010)がShort Shorts Film Festivalで最優秀賞と観客賞を開催初のダブル受賞。その他、多くの短編映画が国内外で高く評価される。『最初の晩餐』(2019)が第34回高崎映画祭で最優秀監督賞ほか最多4部門を受賞。本作が劇場長編映画デビュー作であり、初の小説となる。