5/31(日)数学ブックトークin東京 番外編(一般)
5eb4faf1bd21787316c0e159 5eb4faf1bd21787316c0e159

販売期間
2020/05/08 00:00 〜 2020/05/31 14:00

5/31(日)数学ブックトークin東京 番外編(一般)

¥5,500 税込

※こちらはダウンロード商品です

0531sugakuBT_ticket.pdf

384KB

【オンライン配信イベント】 5月31日14:00~オンラインLIVE配信するイベント「数学ブックトーク in 東京 番外編」のチケットです。 ●学生・ミシマ社サポーターの方向けの割引チケットこちら(税込4,400円) https://www.mishimasha-books.shop/items/5eb4fbcccee9ea056ade2390 ※こちらのイベントはZoomの「ウェビナー機能」を使って配信いたします。当日13:15ごろより開場(配信テスト)を行いますので、接続が不安な方はお早めにご参加ください。 ※チケットをご購入いただくと、チケットPDFをダウンロードできるようになりますので、ダウンロードをお願いいたします。PDFに記載のURLより、Zoomの「ウェビナー登録」をすると、配信をご覧いただけます。 ※本イベントはライブ配信限定です。イベント後の録画配信などはいたしませんので、予めご了承ください。 ※やむを得ない事情によりライブ配信ができなかった場合、ご返金いたします。 ※【領収書ご希望の方へ】領収書の発行はイベント終了後、翌営業日にメール添付にて送付いたします。 《イベント詳細》 ■出演:森田真生  ■日時:2020年5月31日(日)14:00開演  *開演15分前の13:45頃から、青山ブックセンター店内の   本棚の様子を映像でお届けいたします。 お店の空気を少しでも感じていただけますと幸いです。 お時間ございましたらぜひご覧ください。 ■内容: 「僕たちはどう生きるか?」。コロナ下で僕たちはどう生きていけばいいのか? 今、読むべき本とは? そうした本たちをどう読むのか? 長年、東京では青山ブックセンターを会場に数学ブックトークを開催してまいりました。今回はオンライン配信ですが、規模感は元の会場の定員数(110名)そのままで、そこにいる空気感をたいせつに、おこなう予定です。 当日、紹介するうちの一冊は、青山ブックセンター店長・山下優さんが選書した本を、森田さんに事前に読んできていただきます。 常に時代の数歩先を描きつづけてきた数学ブックトーク、この危機の時代に、番外編として必聴イベントになることは確実です。 ==========<森田真生さんより>========== 全世界で新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、未来を見通すことが難しい不透明な状況が続いています。不確実な未来を想像するために、僕たちには何ができるのでしょうか。 未来を想像する最も有効な方法の一つは、過去から届いた言葉に触れることです。遠い過去から届いた言葉ほど、未来にもはみ出しているからです。 今日の新聞一面のニュースは、来年には忘れ去られている可能性があります。ですが、千年前から読まれている本は、来年はもちろん、何十年後にも読み継がれているでしょう。遠い過去から贈られてきた言葉は、遠い未来にも届いている。この意味で、本は、未来に触れることのできるメディアです。 今回の「数学ブックトーク 番外編」では、「いまこそ読みたい」本をいくつか紹介しながら、古今東西の言葉を手がかりに、あらためて「僕たちはどう生きるか?」を考えていきたいと思います。 本を通して、未来を想像する。 そういう時間を分かち合えたらと思います。 ============================== <数学ブックトークとは?> 数学ブックトークは、「数学」にまつわる様々な本を紹介しながら、学問のこと、社会の在りよう、私たちひとりひとりの生き方など、古今東西、垣根を越えて縦横無尽に思索し、語る、独立研究者・森田真生さんによるトークライブです。 2014年2月、京都で行われた第1回を皮切りに、ミシマ社主催にて、東京と京都それぞれ3カ月に1回のペースで開催しています。 トークは1回ごとに完結しているので、この回からの参加でももちろん大丈夫です。 これまでご参加の方々からは、数学がお好きな方はもちろん、「数学は苦手」という方や、「数学そのものにはそれほど興味はないけれど…」という方からも、「物事の見え方が変わった!」など多くの声をいただいています。 言葉と思考を分かち合う「数学ブックトーク」。 魂こもるトークライブをぜひご体感ください。 ご参加、心よりお待ちしております。 ■プロフィール: 森田真生(もりた・まさお) 1985年東京生まれ。東京大学理学部数学科卒業。現在は京都に拠点をかまえ、独立研究者として活動。全国で「数学の演奏会」や「大人のための数学講座」「数学ブックトーク」など、数学をテーマにしたライブ活動を行っている。2015年10月、デビュー作『数学する身体』(新潮社)で第15回小林秀雄賞を受賞。2016年に『みんなのミシマガジン×森田真生 0号』(ミシマ社)、編著として数学者・岡潔の選集『数学する人生』(新潮社)、2018年10月に絵本『アリになった数学者』(絵・脇阪克二/福音館書店)、2019年3月に初の随筆集『数学の贈り物』(ミシマ社)を刊行。2019年11月より、WEBマガジン「みんなのミシマガジン」にて、新連載「聴(ゆる)し合う神々」がスタート。 ■主催:ミシマ社 ■協力:青山ブックセンター