8/29(土)土井善晴×中島岳志対談 「自然に沿う料理 ~一汁一菜と利他・第2弾」チケット #MSLive!
5f2245bc223ead049d82f5d0

販売期間
2020/07/30 00:00 〜 2020/08/29 16:00

8/29(土)土井善晴×中島岳志対談 「自然に沿う料理 ~一汁一菜と利他・第2弾」チケット #MSLive!

¥2,750 税込

※こちらはダウンロード商品です

0829_MSLive_ticket.pdf

582KB

6月に開催して大きな反響をいただいた「一汁一菜と利他」。話は尽きず、延長戦をお約束した第2弾の開催がついに決定しました! 現在、東京工業大学の「未来の人類研究センター」にて、「利他」をテーマにかかげて活動をされている中島岳志先生と、『一汁一菜でよいという提案』等のご著書や料理番組でもご活躍されている料理研究家の土井善晴先生。 第2回目の今回は、「利他」と通じる「自然に沿う料理」について、大きく3つのキーワードを元に、土井先生が実際に料理をしながら(!)、中島先生との対話を展開していきます。 キーワード1:下ごしらえ ~ポテトサラダを例に~ 和食には土台として「下ごしらえ」があり、ポテトサラダはその「下ごしらえ」の集合体なのだそうです。それは「けじめ」や「自由」の話にもつながってゆきます。 キーワード2:時間 ~味噌汁を例に~ 料理が時間にとらわれすぎていると考える土井先生。本当は時間をはからなくても料理はできる。大切なのは、計測可能な「横の時間」ではなく、旬・鮮度・できたて、といった、「縦の時間」ではないか? キーワード3:作為 ~さといもの煮物を例に~ 土井先生が使う「きれいな料理」という言葉には、無作為であること、たとえば、余計なものを加えない、形が崩れない、「引力」を利用する、といった「利他」にまつわる思想が詰まっています。 ※前回の対談の一部は、みんなのミシマガジンで記事として公開中です。 https://www.mishimaga.com/books/yomu-mslive/002451.html 【オンライン配信 詳細】 ■配信日時:8月29日(土)午後14時~16時(休憩を15分ほどはさみます) ※当日13時ごろより開場(配信テスト)を行いますので、接続が不安な方はお早めにご参加ください。 ■定員:100名 ※チケットをご購入いただくと、チケットPDFをダウンロードできるようになります。PDFに記載のあるURLより、「ウェビナー登録」をすると、講座にご参加いただけます。 ※ご参加いただいた方は、後日、期間限定で、イベントの動画も視聴いただけます。 ※当日のご参加が難しい方には、後日、期間限定でのイベントの動画販売も行う予定です。 【登壇者プロフィール】 土井善晴(どい・よしはる) 料理研究家。1957年、日本の家庭料理の第一人者であった料理研究家・土井勝氏の次男として大阪市に生まれる。スイス、フランスでフランス料理を学び、帰国後は老舗の料理店・大阪「味吉兆」で日本料理を修業。一九九二年に「おいしいもの研究所」を設立。以降、日本の伝統生活文化を現代に生かす術を提案。1988年~「おかずのクッキング」(テレビ朝日系)、1987年~「きょうの料理」(Eテレ)レギュラー講師。著書に『土井善晴さんちの「名もないおかず」の手帖』『一汁一菜でよいという提案』他多数。 中島岳志(なかじま・たけし) 1975年大阪生まれ。大阪外国語大学卒業。京都大学大学院博士課程修了。北海道大学大学院准教授を経て、東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授。専攻は南アジア地域研究、近代日本政治思想。2005年、『中村屋のボース』で大仏次郎論壇賞、アジア・太平洋賞大賞受賞。著書に『パール判事』『朝日平吾の憂鬱』『保守のヒント』『秋葉原事件』『「リベラル保守」宣言』『血盟団事件』『岩波茂雄』『アジア主義』『下中彌三郎』『保守と立憲』『親鸞と日本主義』『保守と大東亜戦争』、共著に『現代の超克』などがある。