縁食論 ――孤食と共食のあいだ
other
5f7aad0e3ae0f456a7c1af89

縁食論 ――孤食と共食のあいだ

¥1,870 税込

送料についてはこちら

※ 2020年11月中旬 発送予定

藤原辰史(著) 定価:1700円+税 判型:四六判並製 頁数:192ページ 装丁:鈴木千佳子 発刊:2020年11月20日 ISBN:978-4-909394-43-9 C0095 「縁食」とは、 コロナ禍が収まりを見せたあとに訪れる、 新たな社会の突破口――。 ベーシックインカムと食堂/食べ物に値段がなかったら/弁当と給食の暴力/死者との縁食/基本的に食べ物は「あまる」… ひとりぼっちで食べる「孤食」とも、強いつながりを強制されて食べる「共食」とも異なる食のかたちとは? 家族や会社などの共同体に制度崩壊が起こる今、社会が希求する「ゆるやかな並存の場」を示す挑戦作。 <<ミシマ社創業15周年記念企画>> ◎著者プロフィール 藤原辰史(ふじはら・たつし) 1976年生まれ。京都大学人文科学研究所准教授。専門は農業史、食の思想史。2006年『ナチス・ドイツの有機農業』で日本ドイツ学会奨励賞、2013年『ナチスのキッチン』で河合隼雄学芸賞、2019年日本学術振興会賞、同年『給食の歴史』で辻静雄食文化賞、『分解の哲学』でサントリー学芸賞を受賞。『カブラの冬』『稲の大東亜共栄圏』『食べること考えること』『トラクターの世界史』『食べるとはどういうことか』ほか著書多数。