つくるをひらく
other
5fe416ca8a45727f4cc8aca1

つくるをひらく

¥2,200 税込

送料についてはこちら

※ 2021年1月下旬 発送予定

光嶋裕介(著) 定価:2000円+税 判型:四六判並製 頁数:224ページ予定 装丁:鈴木千佳子 発刊:2021年1月29日予定 ISBN:978-4-909394-46-0 C0095 ◎内容 後藤正文、内田樹、いとうせいこう、束芋、鈴木理策。 5名の表現者たちの創作の根幹を、 ドローイングを描く建築家である著者がひらき、 自らの感覚をひらく、対話と思考のノート。 物が過剰にあふれ、つくり過ぎてきた現代こそ、この「つくる」ことを改めて「ひらく」必要があるように思えてなりません。これからの時代における「つくる」ことの本当の意味、あるいは「ひらく」ことの豊かな可能性について、私は5人との対話を通してたくさん学ばせてもらいました。――まえがきより ◎著者プロフィール 光嶋裕介(こうしま・ゆうすけ) 1979年、アメリカ・ニュージャージー州生まれ。建築家。一級建築士。早稲田大学理工学部建築学科卒業。2004年同大学院卒業。ドイツの建築設計事務所で働いたのち2008年に帰国、独立。神戸大学客員准教授、早稲田大学非常勤講師。建築作品に内田樹氏の自宅兼道場《凱風館》、《旅人庵》、《森の生活》、《桃沢野外活動センター》など多数。著書に『幻想都市風景』(羽鳥書店)、『建築武者修行――放課後のベルリン』(イースト・プレス)、『これからの建築――スケッチしながら考えた』(ミシマ社)、『増補 みんなの家。――建築家一年生の初仕事と今になって思うこと』(ちくま文庫)など多数。 ◎対談者プロフィール 後藤正文(ごとう・まさふみ) 1976年静岡県生まれ。ASIAN KUNG-FU GENERATION のボーカル&ギターであり、ほとんどの楽曲の作詞・作曲を手がける。 内田樹(うちだ・たつる) 1950年東京都生まれ。凱風館館長。神戸女学院大学名誉教授。専門はフランス現代思想、武道論、教育論、映画論など。 いとうせいこう 1961年生まれ。編集者を経て、作家、クリエイターとして、活字・映像・音楽・テレビ・舞台など、様々な分野で活躍。 束芋(たばいも) 現代美術家。1999年にアニメーションを用いたインスタレーション作品「にっぽんの台所」を発表、同作品でキリン・コンテンポラリー・アワード最優秀作品賞受賞。近年は舞台でのコラボレーションも展開。 鈴木理策(すずき・りさく) 1963年和歌山県新宮市生まれ。2000年に写真集『PILES OF TIME』で第25回木村伊兵衛写真賞受賞。