菌の声を聴け タルマーリーのクレイジーで豊かな実践と提案
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

菌の声を聴け タルマーリーのクレイジーで豊かな実践と提案

¥1,980 税込

送料についてはこちら

渡邉格・麻里子(著) 定価:1800円(税別) 判型:四六判並製 頁数:256ページ 装丁:寄藤文平・古屋郁美(文平銀座) 発刊:2021年5月28日 ISBN:978-4-909394-51-4 C0095 ◎内容 コロナ禍で「新しい生活様式」が謳われるようになるずっと前から、千葉、岡山、そして鳥取・智頭町へと移転しながら、新しい生き方を実践してきたタルマーリー。 パンとビールの源泉をとことん探って見えた、モノ作りに欠かせないもの。それは… 地域で循環する環境と経済、そして、技術と機械だった。 ベストセラー『田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」』から8年。 菌に導かれ、原理主義的な息苦しさを脱し、未来への手ごたえをつかんだ記録。 「カビを食べる人」のパンとビール作りが未来の共生社会を拓く――山極壽一氏、推薦 ◎目次 第1章 再出発 第2章 菌との対話 第3章 ビールへの挑戦 第4章 菌活者・仮面の告白 第5章 源泉を探る エピローグ タルマーリー、新たな挑戦 ◎プロフィール 渡邉格・麻里子(わたなべいたる・まりこ) 格、1971年東京都生まれ。麻里子、1978年東京都生まれ。 2008年、夫婦共同経営で、千葉県いすみ市に開業。自家製酵母と国産小麦だけで発酵させるパン作りを始める。2011年の東日本大震災の後、より良い水を求め岡山県に移転し、天然麹菌の自家採取に成功。さらに、パンで積み上げた発酵技術を活かし、野生の菌だけで発酵させるクラフトビール製造を実現するため、2015年鳥取県智頭町へ移転。元保育園を改装し、パン、ビール、カフェの3本柱で事業を展開している。著書に『田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」』(講談社)。