「こどもとおとなのサマーキャンプ 2021」通しチケット

販売期間
2021/06/09 00:00 〜 2021/08/31 23:59

「こどもとおとなのサマーキャンプ 2021」通しチケット

¥16,500 税込

※こちらはダウンロード商品です

summercamp2021_all.pdf

193KB

【MSLive! オンライン配信イベント】 ミシマ社がこの夏に開催する「こどもとおとなのサマーキャンプ2021」の通しチケットです。 <講座詳細・単独チケットのご案内はこちら> https://www.mishimaga.com/books/ms-live/003340.html <開催時期> ★第1部 7/31(土)〜8/1(日) ★第2部 8/28(土)〜8/29(日) ※本イベントはオンライン配信で開催します。 ※ライブでのご参加難しくても、録画動画をご視聴いただくことができます。 <定員>50名 <講座一覧> ★第1部 7/31(土) 10:00〜12:00 「tupera tupera流 絵本のつくり方」講師:tupera tuperaさん(第1部のみの開催) 14:00〜15:00「こどもとおとなの料理講座」① 講師:土井善晴さん 16:00〜17:00 「いきものとあそぼう!」① 講師:中田兼介さん 8/1(日) 10:30〜11:30 「地元で、自分でなにかを育てる〜周防大島の畑から」①お話しする人:宮田正樹さん(アシスタント:中村明珍さん) 14:00〜15:00「自分の地図をかこう」① 講師:村上慧さん ※日程、タイトルは未定ですが、tupera tuperaさんも講師としてご登場予定です!  ★第2部 <8/28(土)> 10:30〜11:30 「いきものとあそぼう!」② 講師:中田兼介さん 14:00〜15:00「こどもとおとなの料理講座」② 講師:土井善晴さん <8/29(日)> 10:30〜11:30 「地元で、自分でなにかを育てる〜周防大島の畑から」②お話しする人:宮田正樹さん(アシスタント:中村明珍さん) 14:00〜15:00「自分の地図をかこう」② 講師:村上慧さん変更の可能性あり ※こちらの通しチケット購入者は、第1部と第2部の間のインターバル期間に、瀬戸昌宣さんのベースキャンプを受けられます。 <ベースキャンプとは> 「通しチケット」での参加者は、インターバル期間(8/3〜8/27)に、週に1度、瀬戸昌宣さんによる「ベースキャンプ」が受けられます。 教え、育む「教育」ではなく、導き出す「エデュケーション」。ひとりひとりがもっている資質をいかに引き出していくかが大切で、そのためにできることは、「ひとが育つ環境をととのえること」だと瀬戸昌宣さんは語ります。(瀬戸さんと森田真生さんが毎週対話を重ねている「学びの未来」プロジェクトもぜひ。) 瀬戸さんが高知県土佐町でスタートし、いまは福岡県福津市を拠点に活動する「i.Dare」では、ひとりひとりのこどもたちに「あなたは、なにがしたい?」と問いかけ、向き合い、ひとりひとりが学びたいように学ぶ日々を送れるようさまざまな環境づくりを実践中。 今回はそんな子どもの話をきく「壁打ち」のスペシャリストである瀬戸さんが、インターバル期間の週に1度、参加者のみなさんとの対話の場を設けてくださります。対話のなかで、科学的なものの見方の作法を教えてくださったり、また「自分だけのワクワク」に気づいたり。学びの場がより豊かになるような環境づくりのお手伝いをしてくださります。瀬戸さんという最高の「壁」に疑問をぶつけたり、言葉を放つ。そのワンクッションがあるだけで、子どもの理解の浸透度合はぐんと増すはずです。 瀬戸昌宣(せと・まさのり) 1980年東京生まれ。農学博士(農業昆虫学)。米国コーネル大学にて博士号を取得後、同大学で博士研究員として研究と教育に従事。通算13年の米国生活を経て、2016年から土佐町役場に勤務し地域の教育に参加。2017年にNPO法人SOMAを設立し、4000人の町で全世代への教育を展開。林業を教育素材として総合的な学習に取り組める杣の学び舎の設立や、町内外誰でもが分け隔てなく「居る」ことができるprivate public space (私的公共空間)「あこ」など、環境を整える事業を展開する。高知県の起業支援事業 Kochi Startup Parkのコーディネーターとしてアントレプレナーシップ教育にも取り組む。2021年4月より、活動の拠点を福岡県福津市に移して活動中。 <瀬戸さんからのメッセージ> ミシマ社サマーキャンプにご参加を希望の皆さま、はじめまして!NPO法人SOMA代表理事の瀬戸昌宣と申します。ミシマ社では森田真生さんと学びや教育について語り合う、「学びの未来」でお世話になっています。 ミシマ社のサマー講座への参加を希望されるなど皆さまお目が高い!僕も昨年息子と参加しましたが、とても楽しかったことを覚えています。 各講師のお話も面白いし、取り組んだプロジェクトも面白かったです。ひとりでプロジェクトに没頭するもよしですが、誰かと「あーでもない、こーでもない」と自分の考えを表現しながらともに思い惑うのも、長くて短い夏の過ごし方としても良いかもしれません。 講座と講座の間の時間に、参加者が各講座のテーマやプロジェクトについて存分に考え、思いを巡らせ続けるため「ベースキャンプ」を担当します。 ベースキャンプでは週に一度集まって、自分の思いを表現したり、ひとの話を聞いたり、プロジェクトのアイデアを練ったり、他の参加者と仲良くなったり、問いや疑問をシェアしたりできます。使い方はあなた次第です!僕は答えを持っていませんが、みなさんと一緒に考え悩みます。 自分の思いと出会う夏にできたら素敵ですね!(瀬戸昌宣) ※当日は、講座開始30分前ごろより開場(配信テスト)をおこないます。オンライン視聴が不安な方は、お早めに接続ください。 ※イベントの参加方法の詳細はこちら。 https://mishimasha.com/mishinews/sugakunookurimono/001798.html