ちゃぶ台編集室 第1回+第2回 通し視聴チケット(2021年9月)
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

ちゃぶ台編集室 第1回+第2回 通し視聴チケット(2021年9月)

¥3,300 税込

※こちらはダウンロード商品です

chabudai_SET_ticket.pdf

138KB

9月の「ちゃぶ台編集室」の2講座がセットになったお得なチケットです! 昨年11月にリニューアルし、以降半年に1回の刊行ペースとなった雑誌『ちゃぶ台』。 「ちゃぶ台編集室」は、2021年11月刊行予定の『ちゃぶ台8』を、参加してくださる皆さまと一緒に練り上げるべく、9月に2回にわたり開催するイベントです。 【対象講座】 ライブの生視聴に加えて、配信後にアーカイブ動画も視聴いただけます。 ※9/21以降に購入いただいた場合も、第1回をアーカイブでご覧いただけます。 ①松村圭一郎×村瀬孝生 「弱さとアナキズム」 日時:9月21日(火) 19:00~21:00 価格:2,200円 単体チケットはこちら: https://mishimasha-books.shop/items/6131cf14a102754ef82cb559 ②中島岳志×辻山良雄×三島邦弘「著者、書店主と考える これからの本のこと」 日時:9月24日(金) 20:00~21:30 価格:1,650円 単体チケットはこちら: https://mishimasha-books.shop/items/6130206cf604a94295597f72 <書籍情報> ミシマ社(編)『ちゃぶ台8』 11/20刊行予定 https://mishimasha.com/books/chabudai08.html <参加方法> ・ご購入いただくと、チケットPDFファイルをダウンロードできます。そちらに記載の配信URLよりご参加ください。以下ページに詳しい手順をまとめています。 https://www.mishimaga.com/books/ms-live/002930.html ・チケットご購入者全員に、1ヶ月間ご視聴いただけるアーカイブ動画を、イベント翌日にお送りします。ライブでのご視聴が難しい方はそちらもご利用ください。 <注意事項> ・イベントチケットおよびアーカイブ動画の転売・共有は固くお断りいたします。  申し込み名義と配信参加時のお名前が異なる場合、視聴できない場合があります。 <"「さびしい」が、ひっくり返る"に寄せて>  ちゃぶ台返しという言葉があるが、実際にするものではない。してはいけないと思う。家庭でそんなことをすれば、起死回生の関係回復より、崩壊が訪れる確率がずっと高くなる。仕事の現場でも、あの人のちゃぶ台返しのおかげで成功した、などとしばしば耳にするが、それは、ちゃぶ台返しというより、適切な軌道修正と言うのが正確だ。  ただ、気分はわかる。長引く行動の自粛。先行きの見えない商売。ストレス発散もままならぬ日々。鬱屈とするのももっとも。あらゆるものを台に載せ、全てを投げ打ってしまいたい。そうして、0から再出発したい・・・。  とはいえ、実際にストレスやら理不尽さからくる怒りを載せて爆発させると、自分たちが傷ついてしまう。一度や二度では済まないほどに怒る材料はあるわけで、身がもたないだろう。  では何をひっくり返す? と考えたとき、「さびしい」が脳裏に浮かんだ。  理由は簡単。なんともいえず、さびしいのだ。仕事であれ日常生活の中であれ、人と会うことや接触が圧倒的に減った。そうして、だんだんとさびしさが募っていっている。いや、さびしくなったわけではない。生きることはもともとさびしいもの。それに気づかずにいただけかもしれない。いずれにせよ、確かにさびしいはある。  その「さびしい」を、ひっくり返したい。  本号では、尊敬してやまない書き手の方々に、さまざまな「さびしい」を載っけてもらい、ひっくり返してもらうことにした。そうしてみると、どんなことが起こるだろうか?  想像するだけでワクワクしてくる。もう、すでに、「さびしい」が自分から去った気さえしてきた。 本誌編集長 三島邦弘