その農地、私が買います 高橋さん家の次女の乱
other
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

その農地、私が買います 高橋さん家の次女の乱

¥1,870 税込

送料についてはこちら

※ 2021年10月下旬 発送予定

高橋久美子(著) 定価:1700円(税別) 判型:四六判並製 頁数:232ページ 装丁:佐藤亜沙美 発刊:2021年10月20日 ISBN:978-4-909394-58-3 C0095 「実家の畑を、太陽光パネルにしたくない」 愛媛出身、東京在住、橋は叩かずに渡るタイプ。 まわりの制止を振り切り、戦いの狼煙をあげたが… 現実は小説よりも、すごいことが起こりまくった! ミシマ社創業15周年記念企画 「おまえは東京におるんじゃけん関係なかろわい」by 父 農地は負の遺産と考える父親団塊世代、中小規模農家の経済的な厳しさ、農地を持っている人しか農地を買えない法律、急増する猿や猪の畑荒らし、子孫を残せない「F1種」の種、体調を悪くする農薬散布、足並みを揃えることを最優先する町の雰囲気…etc. 未来に後悔をしないため、まずは知ること、動くこと。 「変わり者」と言われても、高橋さん家の次女はゆく! ●目次 はじめに 第1章 久美子の乱 第1ラウンド 第2章 久美子の乱 第2ラウンド 第3章 サトウキビをめぐる冒険 第4章 サルとイノシシ現る 第5章 生命を食べる 第6章 農業という表現 第7章 久美子の乱 その後 長い追伸 そこで暮らすということ ●プロフィール 高橋 久美子(たかはし・くみこ) 作家・詩人・作詞家。1982年愛媛県生まれ。音楽活動を経て、詩、小説、エッセイ、絵本の執筆、翻訳、様々なアーティストへの歌詞提供など文筆業を続ける。また、農や食について考える「新春みかんの会」を主催する。著書に小説集『ぐるり』(筑摩書房)、エッセイ集『旅を栖とす』(KADOKAWA)、『いっぴき』(ちくま文庫)、詩画集『今夜 凶暴だから わたし』(ちいさいミシマ社)、絵本『あしたがきらいなうさぎ』(マイクロマガジン社)など。