{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

2022/09/28 23:59 まで販売

9/28(水)「学びの場をつくる学校 座談会 ゲスト:井本陽久さん(イモニイ):「学校」の外に、学びの場をつくる」#MSLive!

¥4,400 税込

※こちらはダウンロード商品です

20220928.pdf

174KB

販売終了しました

9月28日(水)19:00~オンラインLIVE配信するイベント「学びの場をつくる学校 座談会ゲスト井本陽久:「学校」の外に、学びの場をつくる」の一般向けチケットです。 「学びの場をつくる学校」コミュニティの皆さんはチケット購入せずにご参加いただけますので(森田真生さんによるレクチャー、瀬戸昌宣さんによる壁打ちもございます。)、ぜひ下記リンクよりコミュニティにご参加ください! (【参加費】8000円/月)。 「学びの場をつくる学校」開校に寄せてのご案内はこちら https://www.mishimaga.com/books/cat1/004141.html 「学びの場をつくる学校」コミュニティのご参加はこちら https://note.com/mishimasha/circle <開催概要> ■出演:井本陽久、森田真生、瀬戸昌宣 ■日時:2022年9月28日(水)19:00開演    (21:00頃終了予定。前後する場合がございます) ■テーマ:「学校」の外に、学びの場をつくる ■開催方法:オンライン配信(Zoomを使用) ※配信後、申込者全員にアーカイブ動画をお送りします。 <内容> 2022年4月からスタートした「学びの場をつくる学校」では、毎月ゲストをお招きした座談会を開催しています。そして第6回となる今回のゲストは、学びの場「いもいも」を主宰されている「イモニイ」こと、井本陽久さんです。 「ありのままを認めれば、子どもたちは自ら最高に輝く」を理念に、子どもたちの存在そのものをまるごと承認し、安心して学びに没頭できる場を作っているいもいもさん。教科書を使わず、ノートもとらせないといった型破りの授業をし、河原や森など教室を飛び出した学びも実践をする様子は、NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』でも取り上げられました(2020年1月放送)。 代表のイモニイは、『不登校でも学べる ー学校に行きたくないと言えたとき』おおたとしまさ著(集英社新書)のインタビューのなかでこう答えています。 ︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎ いもいもが創立当初から基本としていたのは、子どもを変えることを目的にしないということです。子どもの〝いいところ〟を伸ばすという言い方すらしません。子どもの〝いいところ〟と言っている時点で大人の価値観に基づいてそこに誘導しようということになっちゃいますから。 そうじゃなくて、大人側の感受性が変わることに、いもいもの目的はあります。どんな子を見ても、「いいな」って思えるように我々がなる。 ✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎ 今回の座談会では、そんなイモニイとともに、既存の「学校」という制度に依存せず、過度に「学校」ばかりに期待もせずに、ただ純粋に子どもが安心して「居る」ことができる場、そして、だれもが自然に「育つ」ことが許される環境を、いかにして「学校の外に」つくっていけるかを、とことん語り合い、学んでいきたいと思います。 <出演者プロフィール> 井本陽久(いもと・はるひさ) いもいも教室主宰/栄光学園数学科講師 1969年生まれ。栄光学園中学高等学校を卒業後、東京大学工学部進学。卒業後、母校である栄光学園の数学科の教員になり、長年、生徒と共に児童養護施設で学習ボランティアを続けている他、フィリピンのセブ島でも公立小学校や施設での学習支援活動を続けている。 2019年より、非常勤講師に身分を変更して、いもいも教室に軸足を置く。アエラ、朝日新聞他、新聞雑誌などで多数紹介。その生き方と活動は、おおたとしまさ著『いま、ここで輝く。』(エッセンシャル出版社)やNHK総合『プロフェッショナル仕事の流儀』で詳しく紹介されている。 森田真生(もりた・まさお) 1985年生まれ。独立研究者。京都東山の麓にある研究室を拠点に、執筆や講演、教育の活動にたずさわるかたわら、人間と人間でないものの関係を編み直す言葉と思考の可能性を追究している。2015年10月、デビュー作『数学する身体』(新潮社)で第15回小林秀雄賞を受賞。2016年にミシマ社から『みんなのミシマガジン×森田真生 0号』を刊行。他の著書に『数学の贈り物』、『偶然の散歩』(ミシマ社)、『僕たちはどう生きるか』(集英社)、『計算する生命』(新潮社、第10回河合隼雄学芸賞)、絵本『アリになった数学者』(絵・脇阪克二/福音館書店)、編著に岡潔著『数学する人生』(新潮社)がある。2019年11月より、WEBマガジン「みんなのミシマガジン」にて、「聴(ゆる)し合う神々」を連載している。 公式ウェブサイト http://choreographlife.jp/ 瀬戸昌宣(せと・まさのり) NPO法人SOMA代表理事 米国コーネル大学にて博士号を取得、同大学で研究と教育に従事。2016年、高知県土佐町で中山間地域の教育に参画。2017年にNPO法人SOMAを設立、「ひとが育つ環境をととのえる」をミッションに学びの環境づくりに取り組む。主催する教育プログラムi.Dare(イデア)は、2019・2020年度、経済産業省「未来の教室」実証事業に採択された。福岡県在住。 2021年度より経済産業省 産業構造審議会 教育イノベーション小委員会委員、高知大学大学院講師。高知県起業支援事業 Kochi Startup Parkメンター。 <注意事項など> *開演10分ほど前に開場し、接続可能となります。 *チケットの転売・共有は固くお断りいたします。 ライブ配信時に入力いただく氏名と、チケット申し込み名義が異なる場合、視聴いただけない場合がございます。ご注意ください。

セール中のアイテム